postheadericon 施工管理とは

施行管理とは、工事現場で働き、工事を安全に進めるための現場での担当責任者です。給料も高く、人気の求人でもあります。

実際の工事現場において、工事(施工)を行う職人の方々を管理、指示する監督の役割があります。
管理監督し、安全に工事が進むようにうまく仕事を進めていきます。
現場には、様々な種類の施工監督があります。
建設機器の施工管理、電気工事の施工管理、土木工事の施工管理など、いくつかの種類があります。求人票やサイトを見れば、それぞれの求人があります。
ここでは、人気の求人である土木工事における施工管理について詳しく説明していきましょう。

土木工事とは、工事において、建築以外の土の中で行う作業です。
例えば、高速道路、トンネル、ダム、河川工事などにおいて土の中で行う作業がそれにあたります。
ダムを作る際に施工管理者が行う仕事は、今後の維持管理用に土の中に聞きを埋め込んでダムの状態を検査することがあげられます。
トンネル工事において、トンネルを掘る際に、このままトンネルを掘り続けても危険はないのかを調査するために、専門の機械を取り付ける作業を行います。
このように、土木工事に関わる部分で計測できるものは何でも計測していきます。
それ以外で、工事を行うにあたり、騒音や振動の苦情が近所からあがることもあります。その苦情に対処することも、現場監督の重要な仕事となります。

施工管理には、現場での管理監督がメインの業務となります。
それ以外の仕事として、施工計画や予算の計上といった事務作業といった社内でのデスクワーク業務があります。
工事を依頼したクライアント(依頼主)であるゼネコンや外注でお仕事をお願いした土木工事を行い会社との打ち合わせ業務を行います。
その打ち合わせにおいて、機器の調査結果からもたらされたデータが重要となってくるのです。

イチ押しリンク

Calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930